U&Cie Sarreguemines (Utzschneider and company) によるヘーゼルナッツ サービスのフラット プレート

0

0

ヘーゼルナッツ柄のプレートって初めて見ましたが、とてもかわいいんです。

実がチョコレートや焼き菓子なんかに入っていていると香ばしくてとても美味しいですよね。もとはトルコが原産でギリシャからヨーロッパへ伝わってきたそうです。紀元前よりある樹木西洋ハシバミの実ですが、日本に入ってくるものの95%はトルコ産だそうです。

そういわれてみると、こちらのプレートも少しタルキッシュデザインのようにも感じられます。縁に並んだヘーゼルナッツの実がとてもかわいい。

プレート裏面の刻印にはフランス語で「Noisettes」と記されていて、これはフランス語でヘーゼルナッツの意味です。

U&Cie Sarreguemines は、サルグミンヌ窯は1870年の普仏戦争のフランスの敗戦により、プロイセン(現ドイツ)に併合されてしまいました。サルグミンヌのあるモーゼル地方一帯はドイツ領となります。その後サルグミンヌ窯はドイツ領のUtzschneider&Cie(U&C Sarreguemines )とフランス領の Digion et Sarreguemines の2つに会社を分割します。

本品はそのドイツ領ウッツシュナイダーで製造されたものになります。Utzschneider&Cie は第一次世界大戦でドイツが敗北するまで続きました。

在庫は全部で4枚ございます。どれも同じような状態で表面釉薬の細かい貫入があります。縁部分は経年変化による焼けで少しセピア色になっています。

・France 1900’s 前後

・サイズ:直径23.2cmx高さ2.2cm

詳細写真はONLINESHOPにてご確認ください。

ONLINESHOP

0

0

0

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。