Médaille d’or 1834 Porcelaine opaque Louis Lebeuf MONTEREAU

プレートの裏に、Louis Lebeuf MONTEREAU(ルイ・ルブフ・モントロー)と刻印されています。ルブフは1840年~54年までクレイユ&モントローのディレクターを務めました。

こちらは、”Talking Plate” あるいは、”Historical plate” と言われる19世紀のトランスファーウェア(転写)による飾りプレートです。

題材は様々でその当時の日常生活であったり、小説から引用された場面、ユーモア、イベント、場所(建築物)、または歴史上の有名人とその業績を示すものだったりします。

本品は19世紀初頭の青春の挫折や勇壮な情景、庭で採れた果物の試食、施しなどの日常生活の場面を物語ったています。全部で4枚ありそれぞれ絵とストーリーが違います。

どれも縁に描かれた草花のモチーフが美しく、当時のモントローのフローラシリーズで使用されたものと同じ色合いです。

・France 1840-1854年

・サイズ:直径20.5cmx高さ2.1cm  

詳細写真はONLINESHOPにてご確認ください。

ONLINESHOP

0

歴史プレート 可愛い男の子と女の子、日常生活、

A:Vie d’une jolie fille(かわいい女の子の生活)、Refroidissement(冷却期間)庭で椅子に座る男の子と見つめる女の子の絵

0

B:Vie d’un joli garçon(かわいい男の子の生活)St. Pélagie Véritable amour(真の愛、サン・ペラジー)椅子に座る男の子に寄り添う女の子の絵

サン・ペラジーはパリの刑務所で、1790年~1899年まで使用されていました。またそれより早く、1662年に「悔い改めた少女」と後に「堕落した女性と少女」の場所として設立されました。

0

C:Vie d’un joli garçon(かわいい男の子の生活)Besoin d’àrgent(お金が必要だ)部屋にふたりの男の子の絵

0

D:La Distraction(気晴らし)日常生活 ごはんを食べさているお母さんと小さな女の子、そして寄り添う男性の絵

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。