Creil et Montereau のアイボリーのコンフィチュールポット。こちらの品は Creil et Montoreau でもかなり古い時代のものになります。本品は Société Anonyme Creil & Montereau の刻印、おそらく19世紀に製造されたもの。

そのため表情に非常に趣があります。これほどの染みや貫入の入ったものはなかなか見つかりません。表面の釉薬は今も美しい光沢を保っていますが、裏面と内側の底部は少しうろこ状に剝がれ始めています。もとの色は縁部分に残るばかりとなっています。裏面の高台部にも2か所欠けがあります。

100年以上もの間、フランスのどこかの家のキッチンで活躍していたのでしょう。

コンフィチュールポットはヨーロッパでは古くからジャムやマスタード、油脂(ファット)など、ペースト状の物を入れるのに使われていました。口の部分に僅かなくぼみがあり、上から被せた布やオイルペーパーをそこで紐等で縛って貯蔵していました。古い時代から引き継がれる知恵の痕ですね。

・France 1900年前後

・サイズ:直径12cmx高さ8.8cm

詳細写真はONLINESHOPにてご確認ください。

ONLINESHOP

0

0

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。