H&B de Choisy

Hyppolyte-Boulanger は1804年、パリ近郊南のChoisy le Roiに設立した古窯。1920年にはクレイユ&モントローと合併、35年後の1955年に閉窯しました。

“Assiette Rébus” とは判じ絵プレートのことで、言葉や物語を人や物の絵に置き換え、その絵に対する韻で色々な物事を表現しています。本品は19世紀中期に製造されたものですので、約150~180年くらい前になります。

プレートに描かれた内容はよく解りませんがその絵の美しさや繊細さは見事です。

裏面に書かれたフランス語を直訳すると、”Les méchants sont méprisés de tous”「邪悪な者はすべてによって軽蔑される」と記されています。

縁に描かれた草木のレリーフは立体的に透かし彫りされています。

・France 1841-1876’s

・サイズ:直径21cmx高さ2.5cm

ONLINESHOP

0

0

0

DSC_0307.JPG

DSC_0308.JPG

DSC_0306.JPG

DSC_0304.JPG

DSC_0305.JPG

DSC_0303.JPG

DSC_0302.JPG

DSC_0310.JPG

DSC_0311.JPG







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です