こちらのドクターバッグは一風変わった形で、ドクターバッグと同じ金物で作られたハンドバッグになります。実際お医者さんが使っていたのか、それともファッションアイテムだったのか・・・とにかく初めて見る形とサイズです。

ドクターバッグ同様、上部の口金が180°フルに開きます。センターの金物をスライドさせて開く形式も同じです。本品には鍵はありません。茶色の革製で内張りは布になります。サイズは幅20cm少々。ハンドル部分は革を編んだ持ち手が真鍮金物で付けられています。

ドクターバッグは麦をイメージしたルイ・ヴィトンのエピのような、表皮に型押加工した革のテクスチャーが特徴です。 表皮に多少の傷がありますが金物、ハンドル(革巻き)、側面、下面の革も比較的良好な状態です。

買付けでパリに行くと、若い女性がスキニージーンズにハーフコートを着て、古いドクターバッグを下げて颯爽と街を闊歩する姿を見かます。温故知新でコーディネートされた姿がとてもカッコいい。パリの女性はアンティークやヴィンテージな物を取り入れるのがとても上手です。

・France 1900年代前期頃

・サイズ:幅22cmx奥行5cmx高さ10cm(持手までの高さ20cm)      

・ONLINESHOP

















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です