昨年こちらと同じデザインのラヴィエをご紹介しました。今回はディナー用平皿になります。

シリーズは “Service Copenhague”  デンマークのコペンハーゲンの町をイメージしているようです。

白磁に青で描かれた抽象的なデザイン、北欧の冬の町のクリスマスデコレーションを彷彿させるような素朴なデザインが気に入っています。また表面の縁回りに細かなレリーフ(凸凹)が施されています。よく見るとお花のデザインのようです。

裏面にフランスの古窯 Gien TERRE de FER の刻印があります。1886年~1938年の間に使われていたもののようです。 TERRE de FER は半陶器半磁器の総称です。作陶は1900年前後。

在庫が2枚あり状態はどちらも良好です。Aは経年変化による表面釉薬に貫入があります、Bはありません。傷、ヒビ、割れなどはありません。貫入が入ったオールドタイプがお好きな方はAがおススメです。

・France 1900年前後

・サイズ:直径24cmx高さ2.4cm

詳細写真はONLINESHOPにてご確認ください。

ONLINESHOP

0

0

0

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。