とてもチャーミングなフランスからやって来た小さなブライダルジュエリーケースです。

本体の胴回りには真鍮が巻かれておりアカンサス文様のレリーフが手作業で装飾されています。

アカンサスは葉を表す装飾で、地中海産のアカンサス・スピノザ種の葉やアザミやポピーあるいはパセリなどの葉などがモチーフとなっています。

蓋には厚くきれいに面取りされた透明なクリスタルガラスが、細かな真鍮の爪ではめ込まれています。緩やかな楕円型の本体は真鍮の三本脚で固定されています。中部には底と周囲に赤いベルベットがひかれています。

ブログを上げる直前、たった今売れてしまいました。申し訳ございません。

0

0

0

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。