1900年代前期の写真を現像するためのコンタクトプリントのフレームです。

コンタクトプリントとは(contact print)、写真フィルムを印画紙に密着させて原寸でプリントする技法。べた焼きともいわれるそうです。コンタクトプリントはネガフィルムをしっかり固定する必要があるため、太めの木製フレームを使っていて背面には真鍮製の押さえ金具が取り付けられています。この押さえ金物で背板とガラス板の間にサンドイッチしてプレス出来るような仕組みになっています。背板にはすべりにくいフェルトが張り付けてあります。

現代ではあまり使われることは無くなってしまいましたが、この古いコンタクトプリントフレームはとても木製で趣きがあり、ヨーロッパではショールームなどでこのフレームを使って写真や絵を飾っているのをよく見かけます。

サイズはさまざまありますが今回当店が入手したのはフォトフレーム程度の小型のものです。どれも微妙に寸法や厚みが異なります。

※フレーム内の写真は別途になります。

・France 1900年前期

・サイズ:

・A:外寸:縦15.5cmx横12.9cm、内寸:縦10.9cmx横8.4cm、

・B:外寸:縦18.1cmx横13.6cm、内寸:縦11cmx横8.6cm、

・C:外寸:縦15.4cmx横12.8cm、内寸:縦11cmx横8.4cm、

詳細は写真をONLINESHOPにてご確認ください。

ONLINESHOP

0

0

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。