真ん中のある2つの古いガラスボトルのご紹介です。

■左側、ガラスボトル M PERDRIX 

“BOISSONS HYGIÉNIQUES M PERDRIX VERNON EURE” とフランス語で刻まれています。

BOISSON HYGIÉNIQUES=衛生飲料、VERNON=ベルノン(フランスの町の地名)、EURE=ノルマンディー地域圏の県の名前。

PERDRIX は、ブルゴーニュ地方のワイン醸造所の名前ですが、ノルマンディーではないので関係はなさそう。Boisson Normande というノーマンドリンクの会社(薬品系)のボトルではないかと思われます。M PERDRIX は商品名でしょうか。高さ16cm程のきれいな透明ガラスのボトルです。

0

■右側 ガラスボトル PATRELLE アロマの古い小瓶

PATRELLE (パトレル)は料理に使う食用色素。これは、ソース、マリネ、スープ、グラタンなどを作る時に色付けをすることを目的としたブドウ糖ベースの食品着色料です。また、ハムや鶏肉のグリル(鶏肉、カツレツ)などの肉の下ごしらえをする時に使用します。

PATRELLE SAS はフランスの食品製造会社です。ブドウ糖を基にした調味料パトレルアロマ(Arome Patrelle)は、主にスープを着色する最も歴史の古い調味料として知られています。ポトフのスープ、ソース、ポタージュスープなどに風味を付けて着色することを目的としています。

パトレル社は1852年にノルマンディー、ウルガットにサルヴェ・マリー・パトレル(Salve Marie Patrelle)という女性によって設立されました。のちにサルヴェの娘であるヨゼフィン(Josephine)は、1880年にレ・リラ(LES LILAS)でルイ・ヴィトンの息子のジョージズ・フェレオルと結婚します。あの1860年にアニエールに創業した世界的に有名なトランクメーカーです。ルイヴィトンのモノグラムのデザインは1880年の二人の結婚を祝して作られてものとも云われています。

0

表側に PATRELLE LES LILAS と刻まれています。レ・リラはパリ郊外セーヌサンドニのコミューンで彼らが1889年に設立した工場のことです。丸みを帯びた高さ12cm程の透明ガラスのボトルです。

ボトルひとつ取っても色んな物語が垣間見れてとてもおもしろいですね。

詳細写真はONLINESHOPにてご確認ください。

ONLINESHOP

0

0

0

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。