1800年代後期の手吹きガラスで作られたフランスのアブサングラス、ビストログラスと呼ばれることもあります。フランスのディーラーはアブサングラスと呼んでました。とても厚みと重みにあるガラスで作られていて、微妙なたわみや気泡も見られます。

ビストログラスというのは名前の通り、むかしビストロやカフェで使われていたもので、お水、ワイン、ビール、レモネードなど何を飲むのに使ってもいい、オールマイティーなグラスの総称。

この玉響のグラスは私自身大好きなアイテムです。柔らかな陽射しの中、古いアブサングラスに注いだワインやシャンパンを飲みながら、向こう側にほんの僅かな玲瓏な光を感じて、パリのカフェに思いを馳せるのもいいですね。

本品はA、B、2つあります。それぞれ良好な状態ですが、固体により僅かな違いがありますので、お写真でご確認ください。

・France 1800年代後期

・サイズ:(大)=直径8cmx高さ17cm

0

0

0

■A   ・ONLINESHOP
















■B    ・ONLINESHOP



















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です