Boite ancienne en chêne

19世紀の古いオーク無垢材の木箱。道具入れだと思いますが、具体的に何を入れていたのかはわかりません。このように開く箱ってソーイングボックスなどでよく見かけますが・・・その昔何に使われていたのでしょう。

四角い箱ですが蓋を開くと両サイドが開くようになっています。下部に引き出しがひとつ。コーナー部のジョイントは、刻み組みつぎ加工なので強度があり見た目も美しく仕上がっています。ハンドルや蝶番などの金物はすべて真鍮製です。鍵はありません。なので上のハンドルを持ち上げると蓋が開いてしまいますのでご注意ください。経年変化したくすんだ飴色のオーク材の表情がとても素敵です。ディスプレイなどにお使い頂ければと思います。言葉で説明するのが難しいので写真をたくさん撮りました。ぜひご覧ください。

・France 19世紀

・ サイズ:横幅31cmx奥行23.5cmx高さ23cm

ONLINESHOP

0

0

0
































コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です