プジョーはフランスを代表する自動車メーカーとして有名ですが、元々は1824年にプジョー兄弟 (Peugeot Frères )が、父から引き継いだ製鋼所を創設したのが始まりでした。当時は工具や刃物、スプリングなどの鋼製部品や大工道具などを作っていたそうです。

現在のライオンのマークは1858年に商標登録されたもので、その頃よりコーヒーグラインダーやペッパーミルなどの製作も始まりました。プジョーが本格的に自動車の開発を始めたのは1880年代頃からと云われています。

元々製鋼所だったプジョーのコーヒーグラインダーは、当初より鋼材(刃)に定評がありました。職人によって一つひとつ磨かれた古いグラインダーは、今でもコーヒーのプロたちに根強い人気があります。 

当時作られたコーヒーグラインダーは、ちゃんと手入れすれば今でも現役で使うことが出来ます。写真のT型は MOULIN FIN とも云われ本体はブナ材、蓋部はウォールナットの木で作られています。1850年~1930年まで製造されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です