JAZ社は1919年創業のフランスの時計メーカー。 1970年代後半、マトラー社に吸収されるまでの僅か5~60年位のブランドです。 この間、世界に愛される時計を数多く生み出し、フランスアンティーク時計の中でも最も人気のあるメーカーのひとつ。 私自身も大変好きなメーカーでフランスに行くと必ず探してくる時計です。

JAZ社のフェースにはトレードマークである黄連雀(キレンジャク)が印刷されています。
この黄連雀のマークの形で、作られた年代が分かると云われています。
黄連雀のマークが無いタイプは、創業時~1940年(JAZの文字のみ)、
黄連雀の尻尾が下に垂れているタイプは、1941~67年、
黄連雀の尻尾が上に上がっているタイプは、1967~75年に製造されたモノとされています。

“JAZ” の目覚まし時計は、2001年のフランス映画「アメリ」で主人公のアメリが部屋で使っていたことでも有名です。
「アメリ」は、パリ、モンマルトルを舞台にパリジェンヌの日常を描きフランスで大ヒットした映画。
“JAZ” の時計は、そんな日常的なフランスを垣間見られる時計です。

1919年~1940年

1941~67年代

 1967~75年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です