GERO社はマリウス・ゲリッツェンによって1912年南オランダ、ユトレヒト州ザイストで創業しました。デンマーク、オランダ、ベルギーに工場を設立し、ヨーロッパ各地に営業所を置くようになります。

ところが1929年、アメリカのウォール街株価大暴落(ブラック・チューズデイー)の影響を受けて経営危機に陥り、コペンハーゲン工場は1931年、ザイスト工場は1974年に閉鎖、Nieuw-Weerdingeの工場で細々と生産を続けることになりました。現在ではロイヤル・デルフトグループの傘下で生産を行っています。

シルバープレート加工やニューシルバーと呼ばれるアルパカの製造技術に優れ、今でもGERO社はオランダを代表する銀器メーカーとしてヨーロッパ中で愛されています。

裏側には3つの文字が刻印されています。左のDはデザイナーを示し、真ん中は社名GERO、右の100の数字は、1ダース分(12スプーン)を銀メッキするために使用される純銀の量(グラム)を示します。 数値が大きいほど、銀の層(肌)の厚さまたは品質が高くなります。通常20、40、60、90、100gと数字が大きくなるほど高級品になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です