Porcelaine de Choisy(ショワジー・ル・ロワ)の製陶工場は パリにほど近いイル・ド・フランスの地で1805年に、バイヤール三兄弟によって設立されました。兄弟はかつて王室の一部であった4ヘクタールの敷地を取得し、そこに陶器工場を作りました。1808年から本格的に陶器の製造を始め、Porcelaine de Choisy としては、1936年に閉鎖されるまでの約130年間ショワジーの中心的産業となりました。

19世紀後半、工場のオーナーは親族であるHippolyte Boulengerに移り、H.B&Cie社を設立。1889年に本社をパリに移転。1920年にはCreil et Montereau のオーナーであった Manufacture de Montereau を買収し、H.B.C.M(Hippolyte Boulenger-Creil et Montereau)になります。その後1936年のストライキによりショワジー工場は閉鎖、製陶自体は1955年までモントロー工場で継続されました。

19世紀後期のショワジー製陶工場の作品は、パリ万博などにも多くの作品を出展されていて、たくさんの賞を受賞しています。

Choisy le Roi の歴史の中で最も華やかなのは1800年後期~1900年初頭までのH.ブーランジェ (H.Boulenger&Cie)の時代と云われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です