フランスより仕入れた額縁付き鏡、フレームは無垢のリギダマツ材 (Pitchpine) が使われています。日本でいうヤニ松材に近い マツ科マツ属の樹木のようです。額縁には黒い材が2本細いラインで象嵌されています。鏡自身も当時のままで、表面には銀メッキの小さな染み跡がポツンポツンと見られます。

サイズは30cmx20cm位のミドルサイズ。上部枠に壁に掛ける時に使う穴が開いています。当店では革紐を通しています。

・France 1900年代前期

・サイズ:縦27.6cmx横21.7cmx奥行1cm

ONLINESHOP


















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です