1940年代のフランス


1939年9月 、ドイツ軍のポーランド侵攻に始まった第二次世界大戦。 1940年5月オランダやベルギーがナチスドイツの圧倒的な軍事力に降伏、その一か月後にはマジノ要塞、アルデンヌの森を突破されたフランス軍はドイツ軍にパリ占領を許し降伏。以後約4年間、1944年6月6日のノルマンディー上陸作戦が開始されるまで、フランスはヒトラー率いるナチスドイツの占領下に置かれることになりました。1945年5月ドイツの全面降伏により終戦。フランスの1940年代は前半と後半で大きく異なります。前半は戦争と占領の時代、後半は戦後復興と政情不安の時代。


なんだか前振りがいきなり堅苦しい話しになってしまいましたが、本品はこんな時代からやってきました。

少額な紙幣や小銭やチケットを入れるのに使われていた小型の財布です。焦げ茶色の革製ですが、デッドストック品のようで殆ど使われた形跡がありません。古い革製品は鞄でも財布でも動く部位が切れていたり、ちぎれていたりすることが多いですがこちら状態は完璧です。

内側に5つの仕切り、外側手前面と背面に2か所の仕切りがあります。金物はすべて真鍮製です。中の仕切りの1か所には貴重品を入れる内掛け金物が付いています。金物はどれもしっかり可動します。サイズ的にクレジットカードは入りません。

・France 1940年代

・サイズ:縦5cm×横9cm×厚み1.1cm

ONLINESHOP

0

0















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です