“Assiette Rébus ” とは判じ絵プレートのこと。

判じ絵とは、人や動植物、文字などを絵に置き換え、色々な言葉(格言)や物語を表現したものを言います。

“Rébus “のプレートにはその内容だけでなく、その文字や絵柄の面白さや美しさが見られます。

またその当時の歴史やエスプリを感じることが出来ます。

こちらは1800~1825年位頃にフランスの “Montereau” で作られたプレートになります。 プレートに描かれた Rébus の意味は解りませんが、その絵の美しさや繊細さが見事です。

モントローはパリの南、イル・ド・フランスで1748年頃開かれたフランスの古窯。 当時から絵付けの繊細さに定評があり、当時のブルジョアなどにも人気を博した窯のひとつ。

その後1840年パリ北部の街の古窯 “Creil” (クレイユ)と合併。 いま日本でも大変人気のある “Creil et montereau” (クレイユ&モントロー)が生まれました。

・France 1820年~1830年

・サイズ:直径21.5cm 

・絵柄の違う5種類があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・KT1876-1 ONLINESHOP




・KT1876-2  ONLINESHOP




・KT1876-3 ONLINESHOP




・KT1876-4 ONLINESHOP




・KT1876-5 ONLINESHOP




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です