透き通る白磁にRとGの文字が美しい大きな深皿です。

金彩で装飾されたフォーマルなモノグラムが目を引きます。

スカラップの縁取りが、大きな白磁の深皿の雰囲気を和らげているように思います。

maker’s markはありませんが、装飾、形からおそらくLimoges窯ではないかと推測されます。

お料理というよりは、スイーツやお菓子といった甘い雰囲気のものが似合いそうな・・・。

・France  1800年後期~1900年初期

・サイズ:直径27.5×高さ6cm

・ONLUNESHOP


















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です