フランスの古い鋼の鋏です。形状からしてもしかしたら、ウィックトリマー(キャンドルの芯を切る道具)として使われていた物かもしれません。

要の部分にはアルファベットのイニシャルが刻まれています。あまりのフラクトゥールさに読めません。ハンドル部分にも、さり気なく百合の紋章のような飾りが並んでいたり、わざわざ細いラインを刻んでいたら、結構凝った造作になっています。

試してみたら紙も切れました。実際に使うよりもディスプレイとして飾っておくのが、いいかもしれません。 なんだか妙に存在感のあるハサミです。

France  1900年代

・サイズ:L=14.5cm

・ONLINESHOP












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です