表題を考えていたらこの言葉が頭から離れなくなりました。。。。フランスから連れて来たロバ2頭のご紹介です。




■Francis という名前の仔ロバ

フランシス?フランソア?名前からして男の子でしょうか?” Francis ” というお名前の入ったマエカケをしています。ベージュ色を基調に赤色の毛糸を使ってお鼻、口、大きな耳、たてがみ、そして赤い腹巻きをしています。中は木毛、眼はブラウン色のガラスアイ。何故かおでこに鈴が付いています。両足が動きますのでおすわりが出来ます。お腹にお母さんが修繕した跡が残っているのがまたいいですね。

・France 1920’s

・サイズ:全長17.5cm×幅10cm×高さ25cm位

・ONLINESHOP







■グレー色の仔ロバ

コチラは何だか物憂げな感じのする小さな仔ロバ。お口とお鼻が無いせいでしょうか?横からみるとムーミンのようです。実は妖怪?中は木毛、グレー色にこげ茶色のたてがみ。眼は茶色のガラスアイ。動く部分はありません。後ろの左足がちょっと短くて脚が地に付きません。よく見るとお母さんが直したような感じがします。白いお耳がチャーミング。今デスクの横にちょこんと置いていますがとても癒されます。

・France 1920’s

・サイズ:全長20cm×幅5cm×高さ18cm(全長は鼻先~尻尾の先端まで最長の長さ)

・ONLINESHOP












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です