白磁の美しい絵柄のプレート3枚のご紹介です。

こちらの磁器プレートは、LimogesとAH&Cie Vのマークのものがあり、どちらもベルギー国境に近いダンケルクに因んだ絵柄が詳細に描かれています。ダンケルクは元々フランスの古い窯元で、第二次世界大戦で英仏がドイツと戦ったダンケルクの戦いで有名な地ですね。

AH&Cie Vのマークは、Adolphe Hache & cie Vierzonの略称で、当時Limoges窯と競い合う程の大きな磁器工場を持っていた工房です。

Vierzon(ヴィエルゾン)は、フランス、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏、シェール県の州。 そこにAdolphe Hache(アドルフ・ハチェ)により1800年前期に最大1000人の労働者を雇用する大きな磁器の工場が設立されました。工場は繁栄し、1934年まで続きます。

AH&Cie Vの緑色のスタンプは1889年から1903年頃まで使用されていたようです。

裏にFollet Dankerque のマークがありますが、おそらくこれはMaurice Follet という ダンケルクの磁器店の名前だろうとのことです。

それぞれ労働、ゲーム、音楽などのDankerqueの地に因んだ絵柄がDankerqueの州旗と共に描かれています。

金彩も凹凸のできる程しっかりと丁寧に塗られ、絵柄のデザインも1800年後半とは思えない程の美しいプレートです。

それぞれオンラインショップに掲載しております。よろしければご覧ください。

0

0

0

■union commerciale de Dunkerque  AH&Cie V

・France  1800年後期~1900年初期

・サイズ:直径23×高さ3cm

・ONLINESHOP






■societe jeu de bouchons

・France 1800年後期~1900年初期

・サイズ:直径23×高さ3cm

・ONLINESHOP







■corps communal de musique  Limoges

・・France 1800年後期~1900年初期

・サイズ:直径23×高さ3cm

・ONLINESHOP









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です