先日のフランス買付けの荷物も全て無事に届き、少しずつご紹介できることになりました。

フランスらしくココロ躍る可愛いもの、ココロ唸る渋いものが集まりましたので、お楽しみに。

今日のご紹介は、猫の形をした陶器のソルト&ペッパー入れ。

フランスのfaience(ファイアンス)焼きの工房 Bourg-Joly Malicorne (マリコヌル) 制作のものです。

Bourg-Joly Malicorneは1747年フランス西部のサルト地方に設立されました。

今も続けられており、現存する最古のファイアンス焼きの工房となっています。

faience焼きは、黄色の土を使って制作した土器の上に錫釉をかけて作った陶磁器です。

表面は白く滑らかな仕上がりになり、美しく鮮やかな絵付けが特徴です。

オランダのデルフト焼きや、フランスのリュネビル、ムスティエなどもファイアンス焼きの陶磁器になります。

なかなか愛嬌のある顔をした猫の形のソルト&ペッパー入れは、足元にMt St-Michelと書かれています。

後ろ姿はするりと尻尾が長い白猫です。

・France  1900初頭

・サイズ:8.5×4.5×高さ8cm

・ONLINESHOP










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です