アンティークビーズの花の小さなreliquaire。ルリケールとは、殉教者や聖人などの聖遺物やそれに近しい物を封入したものです。額に入れ身近に飾られたり、また持ち歩けるように小さく作られたりしていました。


こちらは可愛らしいビーズの花々をあしらって作った小さなルリケール。表面は当時のガラスが嵌め込まれています。中の紙には s.primi m の文字があります。殉教者または修道女の名前とのことですが、特定はできませんでした。

ケースの中にはその名前の方が身に着けていたもの、もしくは身近にあったものが封入されています。裏面は綺麗に紙が貼られ、fixされています。


ルリケールは美しく神聖なものと思っていましたが、こんなに小さく色とりどりのビーズの花々が可愛らしく釘づけになりました。普段あまり聖物は買付けしない当店ですが、思わず手にとり、悩み、いったん考え、また引き返し、購入せてもらいました。


白いシャツをきちんと着こなした白髪のマダムのお店で(そのほとんどが聖物)、美しく荘厳なものばかりを集めていらっしゃいました。この小さな可愛らしいルリケールを日本のどなたかにお渡しできるのが楽しみです。





・France 1900年代前後

・サイズ:縦6cmx横5cm

・ONLINESHOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です