先日もご紹介した黒い木製の額縁、今回は少し小さめの物になります。1900年前後のフランスのもので、中には女性の横顔の素描画(鉛筆デッサン)が入っています。小さいですが本格的な額縁で、木製枠に黒で塗装されていて、見た感じは黒檀のような仕上がりです。厚みも3cm弱ほどありますので奥行き感もあります。一番内側の縁には薄っすらと金彩が施されていています。やはり古い額縁っていい物はいいですね。こちらは今回の買付けでユトレヒトのアンティーク店を物色していて見つけた掘り出し物です。

・France 1900年代前後

・サイズ:外枠:縦19.5cmx横16cmx厚み2.7cm、内枠:縦14.7cmx横11cm

・ONLINESHOP











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です