プジョーはフランスを代表する自動車メーカー。 1824年にプジョー兄弟 (Peugeot Frères )が製鋼所として創業しました。当時は工具や刃物、スプリングなどの鋼製部品を作っていました。

現在のライオンの刻印は1858年に商標登録されたそうです。その頃よりコーヒーグラインダーやペッパーミルなどの製作も始まりました。プジョーが本格的に自動車の技術開発を始めたのは1880年代頃からと云われています。 元々製鋼所だったプジョーのコーヒーグラインダーは、当初より鋼材(刃)に定評がありました。職人によって一つひとつ磨かれたプジョーの古いグラインダーは、今でもコーヒーのプロたちに根強い人気があります。

当時作られたコーヒーグラインダーは、ちゃんと手入れすれば今でも現役で使うことが出来ます。 今回のT型は MOULIN FIN とも云われ本体はブナ材、蓋部はウォールナットの木で作られています。1850年~1930年まで製造されていました。”Peugeot T形” は現地フランスでも大変人気が高く、状態の良い物を手に入れるのは非常に困難です。

本品は本来正面についているはずのエンブレムはありませんが、経年変化で飴色になった木の質感がとても良い感じです。

 ひと通りレストアと洗浄まで済ませてありますので、このままご使用して頂けます。試し挽きも行いましたがとても良好な状態です。

・France 1850-1930年

・サイズ:縦14.3cmx横14.3cmx高20cmツマミまで

・SOLD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です