春の買付け旅 2019年 3/12-22

3/14木、15金はパリ近郊の大きな蚤の市に出掛けます。14日の初日はプロフェッショナル専門になっていて、一般客は入場できません。私たちも一応プロの端くれですので、日本で事前にネットで申し込みをしていたのですが、結局間に合いませんでした。ただ昨日パリの親しいアンティーク店のオーナーにプロ用の入場券を頂けたので、それを見せたらフリーパスで入れました。現地で日本の同業仲間と待ち合わせしていたのでみんなまとめて入いることが出来ました。

しかし初日はあいにくの雨模様、、、出店しているお店も閉まっているところが多く、朝一で頑張って来たのにちょっと拍子抜け。。。しかも午後には冷たい雨が本降りになって寒い~!ここで風邪でも引いたら大変です。午前中ひと通りお目当ての店だけを見て明日出直すことにしました。それでも初日はいい物はちゃんとゲットしておきましたよ~

翌日も曇り空でしたが雨は上がり再チャレンジです。今日は全てのお店がOPENしてました。一日かけてじっくり見たいとおいます。

お昼時、出店ディーラーさん達も昼食タイムです。これがいたる所の店先で、周りの仲間同士で大食事会が始まります。もちろんワインもボトルで何本も持参して来てます。しかもお昼過ぎても続きます。お客さんはほとんどの場合・・・無視されます。

私たちも負けじとアパートで作ってきた持参のサンドイッチを・・・・(笑)

昨日のうっ憤を晴らした私たちは、カートにどっさり積み込んだ荷物を持って夕方にはアパートに戻りました。今日の万歩計の数値は約2万歩、距離にして15キロくらいでしょうか?毎度毎度買付けは健康的です。え?何?脚短い?!

今日はステーキ焼いてスタミナ取り戻さねば・・・こちらはお肉安くて(もちろん高いのもあります)助かります。味は日本から持参のお醤油(必須)と機内食で出てきたコーヒー用の砂糖で味付け、エシレバターをひいて焼きます。付け合せには野菜サラダにマスタードドレッシング。写真が無いので言葉で・・・

3/16土、3/17日、週末はパリ市内でも色々蚤の市が開催されています。行ってみないとわかりませんが結構当たり外れがあります。今日はショップの含めて7か所くらい回ります。その中でも今回初めて行ったサンマルタン運河近くとリヨン駅の蚤の市はまさかの大ブレイクでした。今回ヴィンテージ系も見て回っていますがリヨン駅傍の蚤の市は新鮮で面白かった~

あれ??ここはどこ? ただ今迷子中~

迷子になってたどり着いたオベルカンフ近辺、、なんだここか~

リヨン近郊のこの古い建物の中でやっていた蚤の市がすごい良かった!

japy のモスグリーン発見!!

そして、待ってるちゃん

サンポールで噂のデモに遭遇!マクロン政権に抗議する「黄色いベスト運動」、週末は何処かでデモが起こっています。この日は大規模な抗議運動があったようで、シャンゼリゼにあるのカフェが暴徒化した民衆に焼打ちに遭ったらしい。バスは殆ど機能していない状態なので使えず、私たちも帰りが遅くなってメトロでコンコルドに向かっていたら途中で下されてしまいました。どうやらシャンゼリゼ~ルーブル界隈は入れないようです。タクシーもみんな満車で、傍にいた若いカップルに乗れる駅を聞いて、メトロで3つくらい先のマドレーヌ駅まで歩いてやっと乗車出来ました。日本人にとっては、フランスのデモは「対岸の火事」でしかないんだなぁってつくづく思いました。

22時頃ようやくアパートに到着。今日もよく歩きました。。。

明日は月曜日、お店も殆ど閉まっているので、前半戦で仕入れた荷物をアパートで梱包作業です。買付けの旅で一番面倒で大変な仕事です。でもこれをしっかりやらないと後で悲しい思いをします。いつも言ってますが買付してるときが一番楽しい、けれど買付けた古えのものたちをちゃんと日本に届けることが一番大切なことかもしれない・・・。

>>>続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です