Lunéville CHAT NOIR シリーズ dinette (ままごと)スープボウル

 

Lunéville K&G(Lunéville Keller & Guerin)は、フランスの西部、ロレーヌ地方の古窯。

18世紀の初め頃にリュネビルの地に開窯しました。刻印のK&Gは創始者より窯を引き継いだ、Keller(ケラー)とGuerin(ゲラン)の頭文字だそうです。

こちらは小さなレディのままごと陶器のひとつ。

シリーズ名はChat noir(黒猫)。

裏の刻印も黒猫の顔を模っています。

蓋には、蝶と戯れている黒猫、獲物を捕まえて誇らしげな黒猫、釣り糸にじゃれる黒猫。

本体には、une chasse entre deux larrons (狩りの合間の2匹の泥棒)としてねずみを追いかける黒猫が元気よく描かれています。

Chat Noirシリーズは、製造期間が短かったのか数が少なく、私たちも今回初めて見つけました。

これをお持ちだったフランスのマダムは、猫が好きな私たちにと秘密の部屋から出してきてくれました。(犬も好きなんですけどね)

・France  1800年代後期

・直径11.5cm(取手込14.5cm)x高さ9.5cm

・SOLD

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です