秋の買付けで見つけた一品です。ガラス製のドアノブ、しかもブラウン色。紅茶のようなブランデーのような色合いがとても美しいです。ハンドル部は六角形のガラス製、軸部分は鉄製、台座部は真鍮で出来ています。今までも幾つかガラス製ドアノブを買付けましたが、こんな色の物は初めてです。今お店に飾ってありますが、置いてあるだけでも存在感があります。

フランスのドア厚に合わせているため、角軸部が日本製に比べて長く作られています(一般的な日本のドアの規制寸法は3~4cm位)、実際に建具に付ける場合は、ホームセンターなどで真鍮製の台座を購入してお手持ちのドアの厚さに合わせるか、角軸を金鋸でカットするなどの工夫が必要です。詳細はお問合せください。

・France 1940-1960’s

・サイズ:全長18cm、ハンドル部径4~4.8cm、軸径6ミリ、全長8.5cm、

ONLINESHOP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です