Jules Richard Stereoscope Brevete Verascope Richard Stereo Viewer

ジュール・リシャール社(Jules Richard)によって1800年後期に製作された、立体映像用ガラス写真と、それを見るためのステレオスコープビュアのセット。立体写真は微妙な横ずれをもつ2枚のガラス写真で、左右の眼で別々に見ることにより三次元的な立体感を生じさせます。ガラス写真は18枚が当時の箱に入っています。ステレオスコープ本体はマホガニーの木で作られています。側面下部にある細く切られた隙間からガラス写真を差し入れることが出来ます。右手のハンドルはピントを調整するツマミで、黒いベークライトで出来ています。

ステレオスコープは1856年にイギリスの科学者、ジョン・B・ダンサーが発明。19世紀後半にヨーロッパで一大ブームとなりました。その後リュミエール兄弟(フランス人映画発明者)が1890年に世界初の映写機シネマトグラフを発明。1894年にフランスのリヨンで作られた世界初の動く映像「工場の出口」を初上映しました(下記写真がその映像写真です)このリュミエール兄弟によって作られた、モノクロ無声ドキュメンタリーが世界初の映画と言われています。

1900年開催のパリ万博でリュミエールが上映した動く動画(映画)は、世界中からやって来た人々を驚愕させました。こんな小さな木箱のスコープから現代まで続く映画の世界が始まったのかと思うと何だかワクワクしませんか。

・France 本体:1800年代後期、ガラス写真:1900年代前期

・サイズ:縦9.5cmx横16cmx高さ13.5cm

・SOLD

※ステレオスコープは他にもう一点在庫がございます。ご興味のある方はお問合せください。

 

世界初の映画「工場の出口」

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です