10/3水~4木
今日はパリ郊外で年に数回開催される大きな蚤の市に出掛けてきました。一番の楽しみはおじいちゃんが運転するちんちん電車(車)、最寄りの駅からシャトルバスとして会場まで運行しています。僅か10分程度の時間ですが、がっくんがっくんしながら走るのが楽しみ。。。ちんちん電車からはこんな景色が見えますよ。

今日はほぼ終日ここの蚤の市で買付け。足が棒になるまで昼ごはんもろくに取らずに歩き回りました。そして各お店の奥底からたくさんの掘り出し物を見つけてきました。

 

ワンちゃんの刺繍のオットマンは配送途中で脚が壊れてしまいました。。。そのうち修理してお披露目したいと思います。ここの蚤の市では比較的無骨な物をたくさん買付けました。

岩塩を入れる木箱

ゲーム台の上のかわいい絵柄はすべて木象嵌で作られています。

JAZとJAPY 赤と水色を買付けました

ジャバラ式の卓上ケース 今回この手の物多めです。

などなど、無骨ものシリーズ、店長の眼を気にしながらどんどん買付けてきました。帰りは最終のシャトルバスが出てしまい、どっさり荷物を持って駅まで徒歩で帰りました。現地のディーラーさんが、少し待ってれば送ってくれると言ってくれましたが、さすがに疲れて早く帰りたかったので、お礼を言いつつ早足で立ち去りました。。。やはり送ってもらった方が良かったかも・・・  駅からはRERとMETROを乗り継いでアパートまでもどります。

 

 

漸くアパートに着き荷物を下ろしてほっこり・・・今日の夕食は日本から持ってきたカップヌードルと白米と梅干で済まします。

夜再び元気が出てきて、「どっかいこーか」ということになり、モンパルナスのブーランジェリーへパンを買いに。。。何でも2018年度のバゲットNo.1になったお店が近くにあるとか。しかも20時30分まで開いてる~! バゲットとクロワッサン好きの私としては一回行っとかないと・・・、早速上着だけきて出掛けました。

街の公園の一角にありました。店の外までバゲットの香ばしいにおいがしてきます。可愛い店番の女の子がいて気持ちのいい対応で、焼き上がったバゲットをどんどんさばいていました。パリでは20時位まではブーランジェリーが開いてるのは当たり前で、みんな仕事帰りに翌朝の分を買って帰ります。ここのバゲット美味しいです!私が言うのであてにはなりませんが・・・、外はサクッと中はもっちり、バターの入り具合も絶妙でした。クロワッサンはそんなに好みではなかったでした・・・ あと、杏とピスタチオのパイっていうのも購入。。。

モンパルナス駅の東近くにあるパン屋さん”La Boulangerie 2M”第24回パリバゲットコンクールで見事優勝!大統領官邸に1年間バゲットを提供する栄誉が与えられるそうです。(住所:215 Boulevard Raspail, 75014 Paris) 夜20時30分までやってます。

バゲット食べながら、夜のモンパルナスをぶらツバメ。。帰り途中にあった建築学校、まだ中の灯かりが灯ってます。古い素敵な建物でした。窓のデザインや構成の仕方が古くて素敵ですね。

モンパルナスは1900年代の初め、モンマルトルから移住してきたエコール・ド・パリの画家や文豪が第二の棲家とした街。

“Le Dôme” はその昔、ジャン・コクトー、藤田嗣治、モディリアーニ、ピカソなどが集うカフェでした。

 

モンパルナスは私たちにとって、パリで一番居心地の良いところ。大好きな街です。ぶらぶらしてるうちにもう22時を過ぎてしまいました。美味しいバゲットを噛みしめながら、なんだかやっとパリに来た気分になれました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です