モシュリンヌ・ボックスは1900年代初めに英国、スコットランド南西部のMauchlineで制作されていた木工民芸品のひとつ。オリーブの木を使ったこの木工品は1930年頃まで作られていました。当時はフランスやスイス等、ヨーロッパ各地の観光地にスーベニールとして輸出されていました。オリーブの美しい木目に蓋には花や鳥など自然をモチーフとした絵が描かれました。

元々数の少ないモシュリンヌですが、草花の絵がハンドペイントされている物が多い中で、私がいつも探しているのはツバメが木象嵌された物。しかも本品は鍵付き(私の中では鍵が残っているのは初めて・・・)中々見つけることの出来ない逸品です。蓋に書かれた  Luchon(バニェール・ド・リシュン)はフランスの南、スペイン国境近くの観光地で、当時のスーベニールとして作られた物のようです。木象嵌されて埋め込まれたツバメは本当に生きて飛んでいるようです。

・England 1900-1930年頃

・サイズ:縦10.5cmx横12.3cmx高さ10cm

・SOLD

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です