今年7月6日、イタリアの音楽家エンニオ・モリコーネが91歳でローマの病院で死去しました。

モリコーネは映画音楽の作曲家として、ニューシネマパラダイスを筆頭に列挙できないくらいのたくさんの名曲を残してくれました。

Once Upon A Time In America は1920年代のアメリカ禁酒法時代、ニューヨークを舞台にしたセルジオ・レオーネの監督作品。 1984年制作の映画になります。登場人物のヌードルスをロバート・デ・ニーロ、マックスをジェームズ・ウッズ、そしてデボラ役をエリザベス・マクガヴァンが演じました。

Deborah’s Theme はモリコーネの作曲の中でももっとも大好きな曲です。

映画の最後のシーンでヌードルスが「ニッ」と笑うところがこの作品の絶妙なところですね。

あらためて、エンニオ・モリコーネのご冥福をお祈りします。

Deborah’s Theme (Once Upon A Time In America) Ennio Morricone

0

0