サキソニー柄と言えば、デンマークの ROYAL COPENHAGEN の「ブルーフルーテッドシリーズ」を思い浮かべます。これはロイヤルコペンハーゲンが1775年開窯当初から作り続けている最初にデザインした代表的なパターンだからです。実際にはヨーロッパでは多くの製陶会社がサキソニー柄のデザインの陶器を作っています。

フルーテッドは「縦縞の貝殻」とか「花麦藁」という意味で、サキソニーは Saxony(Sax)、ドイツのザクセンの地名。 その昔そこで染められた染料の青をBlau Saks 「サクソンブルー」と呼んでいたのが語源と云われています。 またこの絵柄のデザイン自体は古い中国からヨーロッパに伝来したものと云われています。

本品も琺瑯でホワイトに塗られた表面全体に美しく青のサキソニー柄が描かれています。縁部や特に底部は琺瑯の補修痕があっていい感じです。底面は火にかけた痕でしょうか少し茶色になって残っています。水漏れはありませんでした。ハンドル部のボコボコ無骨さや、職人が手書きで描いていたであろう青の線描の非対称なところなど古い時代を感じさせるポットです。高さが20cmくらいの程よい大きさですのでお花を飾るのにも最適です。

・France 1900年前期

・サイズ:底直径12cmx口直径8.5cmx高さ20cm

詳細写真はONLINESHOPにてご確認ください。

ONLINESHOP

0

0

0

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。