最近急に寒くなってきましたね。寒くなると暖か味を感じる商材が恋しくなったりします。今日はこれからの季節に備えて温かなスープやシチューを入れて頂くお皿のご紹介です。

アイボリーにやわらかなグリーン色のガーランド模様に、植物の装飾が縁周りをぐるっと華やかに飾られた、クレイユ&モントローの「LABRADOR」シリーズ。

ラブラドールシリーズは Service Du Barry、Service Turenne、Service Varsovie、Service Damier など色々なネーミングを持つシリーズです。

こちらの「Service Napoleon」の製造時期は1900年前後。ちょうどナポレオン5世の頃。しかしボナパルト家はナポレオン3世以降はフランス皇帝にはなっていません。

「LABRADOR(ラブラドール)」はカナダの大西洋岸、アトランティックカナダにある地域の名称です。そこで採れるラブラドル長石(labradorite)は、曹灰長石とも呼ばれる斜長石の一種で、陶磁の原材料でもありました。
名前の由来はそのラブラドールからきているともいわれています。
刻印の帆船はアメリカ大陸から帆船に載ってヨーロッパへ運ばれてきたことを意味しているのでしょうか。思いは膨らみます。

本品には経年変化によるシミや貫入が各所に見受けられます。

またこちらのシリーズはほかに平皿もございます。
詳細は写真はONLINESHOPにてご確認ください。

・France 1894-1920年

・サイズ:直径23.5cmx高さ3.4cm

・ONLINESHOP

A

B

C