フランスよりやってきた白い陶器製のスーピエール(Soupière)。スープチュリーン(Souptreen)とも云います。 スープを入れる大きめの容器のことで食卓で取り分ける際に使います。昨年いくつかご紹介してそれっきりになっていました。

本品は蓋付きです。両側と蓋の持ち手の装飾やフォルム自体の美しさが際立つスーピエールです。当時のクレイユ&モントローらしい独特の青白い透明釉の色合いもいいです。

スープを入れる以外に果物を入れたり、お花を飾って頂いてもとても素敵です。ディスプレイとして置いておくだけでも大変存在感があります。大きめな容量で2リットルくらは余裕で入ります。

本品は、 Creil et Montereau のクレイユとモントローが合併した頃の比較的初期の時代のものになります。

・France 1884-1920’s

・サイズ:直径29cm(持ち手含む)x高さ28cm

ONLINESHOP