バスク地方はフランスとスペインの国境に跨る地域で、北にフランス領、南にスペイン領バスクがあります。フランス領バスクのバイヨンヌ旧市街からアイノア村周辺には、13世紀に建設された古い木造家屋「カセリオ」が現存しています。その建物の伝統的なデザインはバスク柄デザインと呼ばれ、古くからフランスの陶器やテキスタイルなどに取り入れられていました。特徴的な茶と藍色の格子模様はバスクカラーとも呼ばれ、この地方の伝統工芸になっています。




またスペイン領バスクといえば、 「ゲルニカ」というピカソがスペイン内戦の悲劇を描いたことで有名な町があります。1937年のスペイン内戦のとき、独裁政権を敷いていたスペインのフランコ将軍と手を結んだナチス軍は、ドイツ空軍コンドル部隊を使ってゲルニカに無差別爆撃を行いました。それを知ったピカソは直ちにスペイン、ドイツ政権に抗議、ゲルニカの制作に取り掛かりました。作品はパリ万博で展示されました。



インゼル文庫出版「フランコの夢と嘘」在庫あります。



本品は陶器製のマッチ入れです。蓋は木製で両側からビス締めされています。昔は「着火マン」なんて便利なものはなかったので、キッチンで火を着けるのにマッチは必需品でした。製造元は不明です。

・France 1940年代

・サイズ:横14.5cmx奥行7.5cm×蓋までの高さ7.5cm、全高12cm

ONLINESHOP

0

0






















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です