De Sphinx/Petrus Regout&Co(後のRoyal Sphinx)は、1834年にペトリュス・ローレンティウス・レゴーによってオランダのマーストリヒトに設立されました。創業当初はガラス製品の製造をしており、その後1836年より食器などの陶器の製造を始めました。当初は地元の市場向けのシンプルな陶器を製造していました。

当初人気のあった英国のクリームウェアに対抗するため、1840年には英国の工芸労働者を雇い、オランダ独自の陶器の製造に注力します。生産は徐々により高い品質基準となり、ペトリュスの息子たちも会社経営に参画、1899年に、社名は正式に「De Sphinx v / h Petrus Regout&Co」に変更されました。スフィンクスのマークは、それ以前の1879年より使用され始めました。

その後1914~18年の第一次世界大戦によりガラス工場は閉鎖、会社は製陶工場としてその後も続けられます。1958年にはライバル会社であった、Société Ceramique と合併、「NV Sphinx-Céramique」に社名を変更します。1960年には王室よりロイヤルの称号を授かり「Royal Sphinx」に変更されました。1970年代以降、多角化経営がたたり業績は悪化。1994年に会社はスウェーデンの会社Gustavsbergの傘下に入り、名前は「NV Royal Sphinx Gustavsberg」に再び変更されました。

1997年にはセラミック衛生陶器やタイル部門は独立した会社に分離され、スフィンクス自体は1999年にフィンランドのサニテックに買収されました。その後2008年に会社はついに破産、2010年にマーストリヒト工場は閉鎖され、生産はスウェーデンのサニテック(Sanitec)工場に移されました。何度も変更になった社名は「Royal Sphinx BV」→「BV De Sphinx Maastricht」が最後の名前でした。

マーストリヒトのヴェシャルテルト城の正面玄関にあるスフィンクスの像

1870年頃の創業者創業創創業者業者者ペトリュス・ローレンティウス・レゴーの肖像肖像