Pe.De.社は1869年にドイツのレムシャイト (Remscheid) で、ピーター・ディエンによって創業されました。“De” はオランダ人貿易商ダゥ・エグバーツのイニシャルで、創業250年の歴史を誇るオランダのコーヒー豆の会社。この2人によってPe.De.社の歴史は始まりました。

ドイツは第一次世界大戦(1914-19年)の敗戦により、経済は破綻し多くの会社、工場は閉鎖、PeDe社も存続の危機に陥りました。その後オランダによる資本支援を受け、ユトレヒト州ブルーケレン工場で製造されるようになります。1970年にグラインダーの製造は終了となり、コーヒー豆の輸入製造販売のみの会社となります。そのためPeDe社のコーヒー・グラインダーには、前期のドイツ製と後期のオランダ製の2種類があります。境界線は定かではありませんが、Pe.De.はドイツ製、PeDeはオランダ製と云われています。

オランダに行くと街で”DE” のマークのカフェを見かけます。ユトレヒトに行くと駅の近くにDEの大きな工場を見掛ます。DE社は今でもオランダのひとたちに美味しいコーヒー製品を提供し続けています。オランダにスタバが少ないのはこの “DE” があるからとも言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です