Gienはフランスの中心部にあるブルゴーニュ地方オルレアン近くのロワール渓谷、ジアン市に開窯しました。1821年にイギリス人実業家トマス・エドム・フルムは、1774年以来家族が経営していたモントローの工場を解散し、ミニームの古い修道院の土地と建物を購入して新しい工場を建設しました。そこに製陶工場を開業して以来、長年続くフランスを代表する陶器メーカーとなります。これが 「Faïencerie de Gien」 の発祥です。 ここは古来よりフランス王侯貴族の狩場として知られている地域でした。

最初は食器の製造を目的としており、後に装飾品、ディナーサービス品の製造を開始しました。その他にもオイルランプの製造は、ジアンのもう1つの典型的な専門分野でした。

1855年~1900年にジアンは黄金時代を迎えます。1855年、1867年、1878年、1889年、1900年の国際展示会(EXPO)で多くの一等賞と金と銀のメダルが授与されました。

イギリスの白い陶器に加えルーアン、ザクセン、マルセイユなど、ルネッサンス、オスマン帝国、古代文明にも触発された装飾品を創造していきます。新しいデザインを提案するため、多くの画家や彫刻家を招待して独創的で豊かな作品を提供しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です