Gienはフランスの南、ロワール川流域のブルゴーニュ地方オルレアン近くのジアン市に開窯しました。 1821年にイギリス人実業家トマス・エドム・フルムは、ミニームの古い修道院の土地と建物を購入して新しい工場を建設しました。そこに製陶工場を開業して以来、フランスを代表する陶器メーカーとなりました。これが Faïencerie de Gien の発祥です。

ここは古来よりフランス王侯貴族の狩場として知られている地域でした。

最初は食器の製造を目的としており、後に装飾品、ディナーサービス品の製造を開始しました。その他にもオイルランプの製造は、ジアンのもう1つの典型的な専門分野でした。1855年~1900年の間、ジアンは品質、経営の絶頂期を迎えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です