ポンションはフランス北部、オアーズ(Oise)県のコミューン で、同じく陶器の街で有名なクレイユの隣り町。 1820年、そこに小さな製陶工場( Faience Ponchon)が造られました。

パリ郊外のノルマンディーへの入口にあるジベルニー村、そこには印象派絵画の巨匠クロード・モネが晩年を過ごした家があります。そしてそこにはモネの好んだタイルがいたるころに貼られています。Faience Ponchon製陶工場で作られたタイルでした。

現地のディーラーさんはこれを、「ジヴェルニータイル」と呼んでいました。 仕入れたタイルの一枚からかろうじて読める裏の刻印には、

DE CAGNY PONCHON (デ・カニー・ポンション)

と刻まれていました。カニーはノルマンディー地方のカルバドス県にあるコミューンです。

ジヴェルニータイルには、植物をシンボル化した幾何学的な紋様のデザインが多く、主に白色や薄いグレーの生地に薄青色の染料を使って、そこに薄いアースカラーのラインが入ったデザインが特徴。どれも素朴でシンプルなのに、貼り上がると温かみと存在感のある佇まいに映ります。

・France 1800年代後期

・サイズ:11cmx11cmx厚み0.8cm

・ONLINESHOP

0

0


















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です