Société Française d’Alliage de Métaux (SFAM) 製のデザート(ケーキ)フォーク

19世紀後半のフランスルイ16世スタイル、非常に華やかなフローラルロココ様式で、当時このような女性らしい曲線を活かした繊細で美しいデザインが好まれました。ヨーロッパでは広くアカンサスリーフ装飾とも云われています。

SFAM社(ソシエテ・フランセーズ・デ・メトー )は1892年、パリの北西にあるエプテ川沿いのセリフォンティーヌに、真鍮、銅鋳造工場として創業。フランス各地の工場を買収しながら、1900年代には世界の銅総生産量の10%を担う程になりました。その後亜鉛、ニッケル、クロムの製造販売よりシルバープレートの技術開発に注力、銀器の製造販売を行うようになりました。

本体の表平面に “18G” と “METAL ALLIAGES BLANC”、持ち手の裏部分に “SFAM” の刻印があります 。

“METAL ALLIAGES BLANC” は洋銀、白銀、ニッケルシルバーとも呼ばれ、30%の銀を含んだ合金であり、 “18G” は12本のフォークをプレートする際に使用される銀含有量が18gであることを示します。これは表面のメッキが剥がれる心配のない品質であることを示しています。

・France 1900年代前期

・サイズ:L=16.3cm

ONLINESHOP

0

0





















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です