100年ほど前、食卓でスープやソースを取り分ける時に使われていた陶器製レードル。

「おたま」というには程遠い、置くとコトンと音のするような小さくてかわいい陶器のレードルです。プレートやスープボウルなどは残っていても、繊細な陶器製レードルは折れて壊れていることが多く、希少なアイテムになっています。

ブリュロのような葡萄色のドット柄のレードルと、薄っすらと残る金彩で葉っぱ模様の描かれたレードルの2種類があります。

家族の食卓でたっぷりのポタージュやミネストローネを取り分けたりするのにお使いください。

0





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0

■葡萄色のレードル







・England  1930年

・サイズ:柄14cm×ボウル径7.3cm

・ONLINESHOP

0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■金彩の葉のレードル









・England  1930年

・サイズ:柄14.5cm×ボウル径7cm

ONLINESHOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です