フランスで仕入れた額縁です。古い額縁は現地では枠のみでしか売っていないのが殆どです。あとは日本に帰ってから、ガラスを入れたり、裏側のパネルを付けたり、金物を付けたりして仕上げていきます。そしてお気に入りの絵やカード、写真を入れてみます。イメージは事前にしていて、それがはまった時の感動は言葉に言い表せません。

古い額縁を現地で見つけることは結構出来ます。ただし、「これは!」というものに出会うことは中々ありません。自分の脚で色々回って探すしかありません。その分、気に入った物に出会えた時は本当に嬉しくなります。

0

0

■Walnut の厚みのある額縁とpiquet(ピケ)のカード

ウォールナットの木を使った幅と厚みのある額縁です。縦長の変形サイズですが、深い焦げ茶色のウォールナット材と広い枠幅が飾る物により重厚感を出してくれます。中に入っているのは19世紀のフランスのピケ用の古いカード。

・France 1900年代前後

・サイズ 外枠:縦28.8cmx横19.8cmx厚み2.6cm、内枠:縦19cmx横10.2cm

・価格 ご予約済み






■Rosewoodにレモンの木が象嵌された額縁

Palissandwe+Citronnier  ローズウッドの木枠に細いレモンの木が象嵌された額縁。とても繊細で自然の木目の美しい額縁です。

・France 1800年代後期

・サイズ 外枠:縦31.2cmx横23.8cmx厚み1.5cm、内枠:縦22cmx横14.7cm

・SOLD






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です