今回の買付けでは置き式のコーヒーグラインダーはいい物が殆ど見つからず、リクエスト頂いていたお客様には大変申し訳ございませんでした。また次回頑張って探して参ります。その代わり壁掛け式のタイプを3点仕入れてきました。前回2点ご紹介してこちらが最後の一点になりなす。

こちらは1900年代前期にドイツで製造され、オランダに輸出された壁掛け式コーヒーグラインダーです。製造メーカーは判りません。陶器製のキャニスター(上部)にスチール製のグラインダーとハンドル、下部の受けのカップは目盛り付きのガラス製。アイボリー色はリペイントされているので綺麗です。上部のキャップ(蓋)はアルミ製です。

これまでのPeDeやプジョーの壁掛けの物より少しスマートな感じがします。何と言ってもキャニスターのデザインが気に入って買付けてきました。この手の古い幾何学模様にとても弱いんです。

グラインダー部分と豆を入れるキャニスター部が木製の背板に取り付けてあります。なのでそれぞれの部品がすべて取り外せるようになっています。豆の挽き具合を調整するレバーはハンドルの付け根部分にあります。もちろん調節も可能です。下部のガラスケースに挽いた豆が落ちてきて、ガラスケースを引き出して使います。

ひと通り内部のチェック、洗浄まで済ませてありますのでこのままご使用して頂けます。 試し挽きも完了しています。

・Germany 1900年代前期

・サイズ:背板:縦31.8cmx横10cmx奥行8cm(ハンドル先まで13.5cm)

・ONLINESHOP













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です