マチ針を入れる小さな箱。

薄青の地に、赤と黄色の花の咲く刺繍が施してあります。

側面は深焦茶色のラメの入ったテープで飾られています。

蓋の裏面は鏡になっているので、本来はマチ針を入れる箱ではなかったのかもしれません。

こんなに小さな箱でも自身の歴史があり、今は海を渡って日本に来て、何を入れてもらうのか楽しみにしている、そんな風に思えます。

ちゃんと中にはマチ針が入っていますよ。

・France    1900年前期

・サイズ:5×3.5×高さ3cm

・ONLINESHOP







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です