ヨーロッパに買付けに行くとボロボロになった革のサドルを付けた自転車を街でよく見かけます。あちらではそのくらい自転車に愛着があり、いつまでも大切に使われています。フランスやオランダのような自転車大国でも、今はウレタン製のソフトサドルが主流になっていますが、ちょっと自転車に拘ってたり、お洒落に乗っているひとは革製のサドルを使っています。私も日本ではボロボロの革製ビンテージサドルを使っています。でも乗り心地はとても良いです。革製品は丈夫だし体にフィットしてくれます。

Lepper社は1897年にオランダで創業した老舗の自転車サドルの専門メーカー。レッパー社は今でも現存する会社で、あのGazelle(ガゼル)にサドルを提供しています。

本品は黒革製でリヤは4×2の2層のバネ構造になっており、フロントも2重にタテ方向にループさせたスプリング構造になっていて、サスペンションは抜群です。重いので今では殆ど作られないクラシックタイプです。ほぼ同じモデルで女性用も在庫しています。

・Nethrlands 年代不明

・サイズ:全長約30cm、サドル部分 長さ26cmx横幅22cm

・ONLINESHOP













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です