夏の買付け旅 2019年 7/28-8/12

7/28(日)、夏の買付けの旅のスタートは、朝イチの航空会社から飛行機の出発時間遅延の連絡でした。

13:35成田発のウィーン行きは15:30の出発に変更とのこと。 オーストリア航空は2回目で今回はマイレージを使ってチケットを取りました。 今回久しぶりの昼便。吉祥寺駅からリムジンバスで空港へ。空港に着くと出発時間は14:55に繰り上がっていました。約1時間20分遅延。 掲示板では特にヨーロッパ行の遅延表示が目立ちました。約1時間20分遅延です。

空港までのリムジンバスではドシャ降りの雨だったのですが空港について間もなく晴れてきました。
乗る飛行機はこちら。。。

次のウィーン〜アムステルダム便への乗り継ぎは間に合わないでしょうかね~ …昨日の台風の影響でしょう、仕方ないですね。。。後はパイロット次第です。

隣りにANAの新しいハワイ行の飛行機のホヌちゃんが・・・いいなぁ、あっちに乗りたいなぁ~

飛行機はほぼ満席。私たちの席は前の方で、前が壁の席が取れたので、脚が伸ばせてとても楽でした。 機材はA777-200、シートの配列は3-4-3列。新しい飛行機ではありませんが機内はとても綺麗でした。 さぁ、いよいよこれからモーツァルトの国へ… 所要時間約11時間です。

出発して1時間くらいで軽食が出てきました。なんと牛丼とざる蕎麦、それになぜか必ず付いてくるパン。でも食事は普通に美味しかった。 オーストリア航空のエコノミー機内食の入れ物はなぜか三角形?!

次のお楽しみは映画、オーストリア航空のオンデマンドは結構充実してます。

まずはQueen の映画で「ボヘミアン・ラプソディー」。私はまだ観ていませんでした。まさにQueen世代。小6の時、京都の田舎のレコード屋さんで「Killer Queen」のEP盤を買いました。 この映画、同世代のひとには涙無しには観れません。あらためてフレディの生涯を再認識した感じがします。ラストシーンはホントに良かった〜

次も懐かしシリーズ、ジュリア・ロバーツとヒュー・グラントの「ノッティングヒルの恋人」、こちらもラストが良かった〜 「何観てんねん・・・」と馬鹿にされそうですが、何も考えずにとても素直な気持ちになりますね。

次は、ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンの「ショーシャンクの空に」、これも昔観て一生ものになった映画のひとつ。これもラストシーンは忘れられない。。。

映画3本ガッツり観て、うるうるしながら少し寝たらまもなくウィーンに。。。

まもなくウィーンに着陸です。

ゲートまでは全力疾走!

結局ウィーンには、約30分遅れの現地時間で19:30過ぎに到着。飛行機降りて急いでパスポートチェック、セキュリティチェックしてたら、なんとウィーン発アムス行きも遅延〜 20:15発が20:50出発にまたまた変更。結局トランジットも無事間に合いました。 急いでいてウィーン空港の写真も殆ど撮らずじまい。。。

アムス行の飛行機はほぼ満席でした。

アムステルダムには23時に無事到着。 スキポール空港はセキュリティは緩くて、ほぼフリーパスです。心配していた預け荷物もしっかり到着。 当初予定より約一時間遅れてしまいましたが、それ以外は問題なく1日目のホテルに入ることが出来ました。

アムステルダム中央駅、深夜なので人も疎ら

この日は到着時間も遅かったのでアムステルダムのホテルにチェックイン。空港からアムステルダムの中央駅まで列車で行き、チェックインしたのは24時くらい。 相変わらずのドタバタですが買付けの旅はスタートしました。慣れてるつもりでもいつも何かが起こるのもですよね。 今日はホテルでゆっくり就寝・・・

昨日の憂さを晴らすかのように朝食にかぶりつきます

翌朝、7/29(月)は7時に目覚まし。シャワー浴びて朝食取って(初日のibis Hotelはめずらしく朝食付き)凄い盛りだくさんなバイキング式朝食で感激!昨日の憂さを晴らすように色んなモノ食べまくってきました。


オランダは自転車大国、特に朝のアムステルダムは自転車通勤者でいっぱいです。気を付けないと轢かれます。


その後、せっかくアムステルダムに来たので、午前中近くのマルクトで開催されてる蚤の市へ出掛けます。大きな市ではありませんが、ちょこちょこと面白い物があって中々楽しかったです。


結局初日からリュック一杯分くらい買付けしてしまいました。ロッテルダムのアパートに入るまで、まだスーツケースやら荷物がいっぱいあるというのに、またまた荷物を増やしてしまいました。

今回の「まってるちゃん」第一号

この後、午後には今回お世話になるアパートに移動します。 15時にアパートの前で共同運営しているオーナーの友達と待ち合わせ。オーナーはイタリア人でただ今イタリアへバカンス中だとか・・・まったく呑気なものだと思いきや、こちらではこの時期は当たり前のことなんですね。日本のお盆休みと同じ、でも一か月くらい休みを取るところが違います。

ロッテルダム中央駅 オランダ第2の都市だけあって駅も立派です。デザインは意味不明

アムステルダムからロッテルダムまでは列車で約1時間。

現地のアパートのオーナーとは「WhatsApp」アプリで連絡を取り合います。ロッテルダム駅はFree Wi-Fiがバッチリ使えるのでとても便利です。

ロッテルダム市内での移動はトラムが必須です

駅から10分ほどトラムに乗ってトラム駅から徒歩5分位でアパートに到着。時間通り同じイタリア人のFedericaさんとご対面。近くの設計事務所で働く30代位の女性。仕事を抜け出して来てくれていました。

アパートの建物はこんな感じ

アパートは4階建ての最上階で大きなバルコニーが付いています。

アパートのエントランス。ここから各部屋(フロア)に行きます。なのでドアを開けるとすぐ階段、この階段が凄いんです!

アパートのエントランス。多くのアパートがこんな感じで、表側は結構殺風景なものが多いです。ここから各部屋(フロア)に行きます。なのでドアを開けるとすぐ階段、この階段が凄いんです!


そしてこれがオランダ名物鬼階段!こちらは3階のホールから1階を見下ろしたところ

そして4階から3階への階段・・・ ここを大きなスーツケースや段ボール箱を持って上り下りします。脚を踏み外したらた死ぬかもしれない・・・


キッチンと水回り
広めのバルコニー

バルコニーから見渡す中庭。これが最高でした!

ひと通りの使い方や注意点を聞いて、鍵を預かりチェックインは30分ほどで終了。

オランダの建物はコアになっていて、エントランスは道路に面し、内側はパティオ(中庭)を囲むようにテラスやバルコニーが作られています。

もう一つ嬉しいことが・・・中庭には4~5匹の猫がいました。各お家で飼われている猫のようです。みんなそれぞれのテリトリーで好きなことをして過ごしています。


スーツケースの荷物を片付けたら、先ずは食料品と飲み物、日用品を買いに、さっきFedericaに聞いた近所のアルバート・ハイン(オランダのスーパー)へ。

さっきFedericaに聞いたアルバート・ハイン(オランダのスーパー)へ。 お肉に魚に野菜、出来合いのお惣菜など何でもあります。 今日は、ボロネーゼとカレーのお惣菜、明日の分のお肉、野菜、朝食用のパンとバター、ハム、チーズ、オリーブなど買い込んできました。

私たちは昼以外は殆どアパートで食事をしますので、食材も色々必要になります。

第1章は日本から2日掛りで移動と仕事で、すっかり疲れて夜11時には寝入ってしまいました。食事をしながらアパートから見る夕日はとても綺麗でした。とにかくロッテルダムのアパートに無事入ることが出来ました(^^) 今日からここで2週間ほどお世話になります。 明日からいよいよ本格的に買付けにスタートです。

>>>続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です