Porcelain de Paris  Limoges   オーバルの大皿です。

19世紀後半に作られたフランスの白磁のオーバル皿。

恐らくリモージュの古窯で焼かれたもの。

Porcelain de Parisとは、1880-1900年代に作られた食器の総称とされています。

光沢のある純白の肌合いがとても美しいです。

リムは花形を模っており、流れるような曲線で縁取りされ、白磁の凛としたイメージと相まって美しくもどこか可愛らしい感じがします。

大皿ですが、深さも少しありますので使い勝手が良さそうです。

・France 1880~1900年

・サイズ:縦25.5cmx横35.5cmx高さ4cm

・ONLINESHOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です