フランスの古窯サルグミンヌによって1900年代前後に作られた、アンファン・リシャール Enfants Richard シリーズ。 元は子供のままごと用として作られました。陶器に描かれた様々な挿画はすべてイギリスの画家、Kate Greenaway(1846-1901)によるものです。

 19世紀のヨーロッパでは子供は「小さな大人である」と考える風潮がありました。

そんな時代にグリーナウェイは子供を子供として、無邪気に遊んだり動物と戯れたりする自然体の姿をありのままに描きました。その独創的な描写は、当時の子供の洋服のデザインにも大きな影響を与えたと云われています。

本品も子供や動物、草花など身近なものを題材に生き生きと描かれています。グリーナウェイの描く愛らしい作品は今も世界中に多くのファンを持っています。

本品はそのグリーナウェイとフランスの古窯サルグミンヌがコラボレーションした、大変人気のあるシリーズで、中々見つけることが出来ません。現地のディーラーさんに事前にお願いしておいて漸く手に入れた物です。

 ・France 1910年代

※写真のように色んな種類のアイテムがあり、絵柄はすべて異なります。詳細をご希望の方は直接お問合せください。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です